ギター初心者のための、弾ける!ブログ

ギター講師をしています。日本のギター人口を爆発的に増やしたい!! 私についてくれば、必ず弾けるようになります。

ギター コードチェンジのコツについて

コツはフライングにありました。

 

コードを弾いて練習している時に、難しく感じるのはどこでしょうか?

 

コードからコードへ移る、いわゆる「コードチェンジ」じゃないでしょうか?

 

ギターはピアノのような鍵盤楽器と違って、指で押さえるポイントが自分からはほぼ見えません。

こういう楽器は珍しく、同じ弦楽器でもチェロやバイオリンなどは指板がしっかり見えてます。

 

あなたがギターを始めて間もない初心者でも、曲の最初のコードは指板をのぞきこんで、何とか押さえられると思います。

 

そして、ジャラーン🎵

 

さて、次のコードに移る時が問題です。

次に押さえるべきポイントに各指を置いてコードの形を押さえます。

 

これが難しいんです。

右手はジャラーンをしなきゃならないですし。

探してる間に曲が途切れちゃいますよね。

 

コードチェンジがスムーズに出来るようになると、曲がスムーズに流れて歌いやすくなります。

 

だから、それが出来ないんだって!

 

ここから対策です。

ステップ1

次に弾くコードの形はしっかり指にたたき込む。

(Aメロに出てくるコード。せいぜい4つくらいは頼みますよ)

ステップ2

その次のコードへ移る練習。

たとえば。最近のレッスンならサザンオールスターズの「彩」

BmからEmへのチェンジを例にとりますと。

 

BmとEmはコードの形も場所もまったく違います。

このコードチェンジはひとっ飛びで横断歩道を渡るようなもんです。

渡りきったらポーズも決めて!

 

この場合、コードチェンジには少し時間の余裕が欲しいです。

なので、次のコードに移る少し前にフライング気味に指を離します。

 そうです、指板から全部の指が一瞬離れます。

 

右手はストロークがリズムを刻んでいるので、手が離れて開放弦になった弦をジャラーンと弾きます。

そんなんでいいんでしょうか?

 

いいんです。一拍くらい開放弦を鳴らしたところでリズムの流れに影響はありません。

 

この「スキマの一拍」の間に、次のコードのフォームをガシッと作って、バンっと押さえると同時にジャラーンと弾きます。

 

フライングして、ガシッと固めてバン! ジャラーンです。

 この感じでその次のコードも、その次のコードもフライングして弾いていきます。


どうでしょう?  お分かりいただけたでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギターを始める場合、コードが先かメロディーが先かの話

   ギターを初めて手にしました。さあどうやって練習をしていったらいいのでしょう。

 

 私の持論はコード弾きから入るべきだと思います。

 理由は、初心者はそのほうが挫折しにくいからです。

 

 例として、コードから入る場合とメロディーから入る場合の練習のステップを大まかに分けてご説明します。

 

<メロディーから入る場合>
 ギター教室や教則本などでは,だいたい次のようなステップで練習を進めていくと思います(こちらを「メロディー教則」とでも名づけましょう)

1)ギターの各部の名称や構え方、チューニングの仕方などの基礎的な説明をします。

2)次に、ここからはたいてい「ギターを弾いてみましょう」となります。 ドレミファソラシドの音階のフレットを左指で押さえて指で弾いていくといった、演奏というより作業に近いものです。

 基礎だから仕方がないのですが、つまらない事この上ないステップです。

 これでも初心者にはたいへんな作業で、

-押さえてもちゃんと鳴らない。

-押さえている弦と違う弦を弾いてしまう

   といったミスを繰り返します。

 

 この「メロディー教則」を私はクラックギターの教則本で経験しました。
 

「東京音楽アカデミー」という今は無いレコード盤を使った通信教育でクラシックギターを始めたのですが、平行して父親が持っていたギターの古典的な教則本も練習しました。


 クラシックギター教則本には、古典的な「カルカッシ教則本」というものがあり、有名な奏者が日本人向けにアレンジしたものがいくつかあります。 多分、ピアノでいう「バイエル」とかに相当するものです。 

 

 譜面に書かれた音階を単音で弾いて、「単音を弾く」ということに慣れていく練習を繰り返します。
 ♯や♭がたくさんついてくると、押さえるフレットの位置が少しずつ変ってくるので大変なのですが、人間の脳は優秀でやっているうちに自然と目と指が覚えていきます。

 

 その次に練習曲というのをやっていくわけで、かんたんなものはメロディーだけの演奏で、すこしづつレベルが上がった和音も含んだ練習曲になります。

 

 かなり弾けるようになると、ちゃんとした曲名のあるクラシックの譜面が出てきてこれに取り組む事で腕前が上がっていくというスタイルで、忠実にやると本当に一歩ずつ確実に上達します。

 

<コードから入る場合>

 まったく反対の方法としてコード(和音)を弾くことから入るやりかたがあります。「コード教則」といいましょうか。我がAcousticbombはこのスタイルです。

1)は同じ

2)からは循環コードと呼ばれる、C > Am >D7 > G のような流れのコードの押さえ方を教えて、それを右手でジャラーンと鳴らしてみます。

 要は伴奏主体のギターなんですね。 だからメロディーは歌でもいいし鼻歌でもいいんです。


両者の良いところと悪いところ
「メロディー教則」
<良いところ>
・歌を歌わなくても、ギターだけで表現ができる(上手になればですが・・・)

 

 ※ギターというのは、メロディーを単音で弾いても、弾いてるほうも聞いている方も全くつまらないんですね。

 もう一人ギターがいて、コードを弾いてくれているなら単音のメロディーも生きてくるのですが。
(クロードチアリさんなんかは、このスタイルですね。誰かが伴奏(ギターだけに限らず)していて、チアリさんはひたすらメロディーを弾く)
 なので、一人でメロディーと伴奏を同時に弾くという必要が出てくるわけです。これが「ギターソロ」というジャンルです。
 
 この「ギターソロ」というのはポップスやジャズの名曲、昭和の懐メロまで多くの動画がをYOUTUBEでアップされています。


 腕に自信のある演奏者が自分で運指を考えて弾いているもの、「現代ギター」などに代表されるギター専門誌に譜面が掲載された曲を弾いたものなどなど、みなさん結構上手です。


 この手の演奏はYOUTUBE上で世界中にあって、有名な曲なら2~30はあると思います。 でも考えると、世界中でとなるとこの数は意外と少ないのかも。

 

<悪いところ>
・これを体系だって教える人はほぼいないこと。なぜか・・・。 教えるのがメチャ難しいからです。
 

 「YOUTUBEのこんな素晴らしい演奏、自分も弾いてみたい!」 と思ってもギターの演奏は動画を見ても、手の甲がじゃましてどのフレットを押さえているのかさっぱりわかりません。 目コピ、耳コピはかなりの上級者でないと無理ですしね。
 

 一方、この曲はこんな風に弾いているよ、といういわゆるチュートリアルの動画というのはあまりないんです。 ここをこういうふうに弾くんだという親切な動画とを公開してくれている人もいますが少ないです(外人さんの動画が多い、当然洋楽です)
 

 そこで、TAB譜というのが便利なのですが、公開されている動画は少ない(作るのも大変なので)これを販売しているYOUTUBERもいますね。
 
「コード教則」
良いところ
・まったくの初心者でも、省略したコード(当ブログでは「かんたんコード」と言ってます)なら、絶対に弾ける。

 何しろ指1本や、押さえさえしない(解放)コードもあるくらいですから。なので、伴奏して1曲歌う事は比較的かんたんです。
 でも、何より最後まで1曲弾けたというのは大きな自信になるはず。

悪いところ
・歌に自信がないと伴奏の意味があまりなくなってしまう事。
 私の年代はオンチというのが珍しくなかったのですが、今時の人は基本そこそこ歌えますね。あまり不安要素はないのかも。
 少しぐらいの歌のまずさはコードの音色やリズムが補ってくれますからね。


<雑感> 

 アコースティックギター弾きたいと思った動機はなんでしょうか?
 

 だいたいは「コブクロ」のような、「一人がギター」・「一人がボーカル」のような
または、一人で伴奏しながら歌う「MIWA」さんや「あいみょん」さんなどのスタイルにあこがれるのではないでしょうか?


 私がしばらく講座受講していた大森ごうすけさんの動画を見ていたら、「ギターはコードから入らない方がいい」という意見でした。
 彼はマール・トラビス、チエット・アトキンスの流れをくむフィンガーピッカー(指で弾く人)なので、「コードでお茶を濁すな」ということなのだと私なりに解釈しています。
 

 大森さんのギタースタイルは特殊で、「こういう弾き方したい!」 と思う人が入門するというスタイル。大森さんは歌は全く歌わないので、指弾きに特化した演奏レッスンをしてくれてます。

 公開されている動画では「さわり」だけしか見せてくれません。エッセンスは有料です。

 

 一方、古澤剛さんという方。こちらはコードストローカー(という名称があるかどうか知りませんが・・・)コード弾きのシンガーです。

 古澤さんは洋楽メインで弾き語りの動画を多数アップされていて、レッスンの動画やしゃべりの動画はありませんが、機材もそろっていて良い音で迫力の演奏を聞かせてくれます。


 私の動画などは再生回数がひとけたばっかりで、検索しても出てこないのでしかたないですね。
 地道にブログを育てていかないと、Google様に認知されないということでしょうか。

 

 ギターを始める場合、コードが先かメロディーが先かの話・・・という話でした。

私は絶対、コード派!!!

ギタリストの敵

 「ヘバーデン結節」

これは手の指がこわばる病気です。 病気といってもこれといった治療法がないそうで、慣れるしかありません。

  私の場合、55歳くらいから始まって、 症状は左の小指が内側に曲がってきました。     第一関節のところが少し腫れてきて触ると関節が膨れています。

   この病気はなぜか第一関節が発症するのだそうです。


   普段の生活に小指はたいして使わないのですが、困るのはギターを弾くときに小指の第一関節が痛いこと。

   また、この小指が親指側に曲がっていくので、 今まで楽に押さえられていた離れたフレットが押さえられなくなっ たことです。


   痛いんですけど、 それでもだましだましギターを弾いているとだいぶ改善して、 まっすぐになってきたのですが、やはり痛いんですね。

   お医者さんいわく、この病気は女性にほうが多いんだとか。

 

   私はこれに先立って、頸椎という首の骨の異常も経験しました。
 
   手足がしびれてつらくて、 あまりにつらいので整体の店に行ったのですが、 首の周りを揉んでもらってその時はいいのですが、 翌日は同じ症状が出てしまします。


   2か月くらい毎日通っても全然良くならないので、 この時点から整形外科へ。
  先生によると、年を取ると骨が勝手に増殖するらしく、 首の頸椎というジョイント部分の骨が勝手に増殖すると、 トゲみたいなものが出て神経に触れて、 そこから出ている神経と繋がっている手がしびれたり痛かったりす るのだそうです。


   確かにレントゲンを撮ってもらうと、骨からトゲが出ていました。

 首の神経が集まる微妙な場所なので、 よっぽどでないとリスクを冒して手術はしないという事で、「 牽引」 という首つりみたいな機械で2週間くらい毎日引っ張ってもらった ら、ケロッと治りました。

 

   このブログを見ていただいてる方の中に中高年ギタリストの方がおられたら、参考にしてください。


   後日談ですが、 上腕二頭筋( 腕の力こぶができるとこ) の筋肉痛が2か月くらい治らないことがあって、 整形外科で分からずリューマチ専門のクリニックで見てもらったら 、これも頸椎から来ている症状でした。
    この時は首のトレーニングを始めて、 結構重いウエイトに移行した時期から痛みが出始めてたんですね。


 先生が指摘した頸椎の椎間板がしっかりつぶれていて、 これにつながる二頭筋に影響が出ていたんです。
レーニングもほどほどに・・・・とのことでした。

 

   ギタリストの敵の話でした。

 

ギターコード弾き語り サザンオールスターズ 「彩~Aja」3級 その2

  サザンオールスターズの「彩」3級のレッスン2回目です。
前回の練習は進んでいますでしょうか?


  今回は「サビ」パートのレッスンです。
今回は、5フレットにカポをつけてます。 
  5つ右に移動させるので


  G > G#  > A  >  A#  >  B  >  C


 となり、コードを押さえているフォームは「G」ですが、実際に鳴っている音は「C」です。
「G」のコードのままわざわざカポをつかって「C」にするのは


1)「G」のままだとサビのパートは高くて歌えない。


2)「C」で弾くと音程は楽になるけれど、押さえるコードに「F」がひんぱんに出てきて難しくなる。
の2点の理由です。

 なぜacousticbombは「G」なのか? -  もご覧ください。

 

  前回はゆっくりとしたコードチェンジでしたが、サビのパートは1小節に2つコードが入るパターンがあって、ちょこちょことコードが変わります。


  コードからコードの変わり目は演奏が途切れがちになります。これはまだ手の「型」(かた)が完成していない初心者の方は仕方がないことで、気にすることはありません。


 かんたんコードにしてあるので、比較的楽でしょうが・・・。


  さて、コードが途切れがちなところは、スムーズにつながるまで練習してつなげる部分です。 その部分を重点的に何度も弾きましょう。

 

    脳と神経と筋肉がそのコードチェンジの型を覚えてしまえば、技術レベルのワンランクアップです。大したものですから。

 

 

レッスン その1はこちらから ↓

ギターコード弾き語り サザンオールスターズ 「彩~Aja」3級 その1 

 

楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!

 

ギターを始めると6つのいいことがある

ギターのブログを見ていると、

「ギターを始めると良い〇つの理由」
などが目につきます。

 

 内容を見るともっともらしい内容が書いてありますが、 そもそも「この人弾けるのかな?」と思います。  


週末まで、レッスンビデオの在庫もないことですし、今日はこのへんについて書いてみようと思います。


私の考える、 「ギターを始めると6つのいいことがある」  


1)もてる。 なんたって昔からギタリストはもてるんですよ! ゲレンデの2割増しみたいに、 ギターがかっこよく弾けるとそれだけで2割増しです。


 私の場合、 高校の2年の3学期という中途半端な時期に転校したのですが、 学園祭でギター弾き語りをしたら大人気になりましたからね。
 その時歌った曲は当時人気のバンド「チューリップ」の「 夢中さ君に」でした。
 

 女の子の場合、 ギターケースを肩からかけてさっそうと歩いていくのはかっこいい です。でも「あいみょん」 さんのPVみたいにソファでごろごろして弾くのは×だと思いますが。


2)インテリアとして素敵
  木を基調としたインテリアには 普通のカントリータイプのすっきりしたアコギを。 モダンなインテリアには塗装したワインレッドやホワイトなどのセミアコースチックなんかがおしゃれなんじゃないでしょうか。


  こういうギターは飾っておくだけじゃなくて、 チューナーをセットしていつでも弾けるようにしておくのが更にギ タリスト的です。


3)老化の防止、ボケ防止になる
 手先を使う作業は、脳を活性化させます。 ゆえに認知症の予防になります。

  弾きながら歌うなんてのは最高じゃないですか?
  のどの周りの筋肉が衰えてくると飲み込む力が弱くなって「 誤嚥性肺炎」(ごえんせいはいえん  食べ物が器官に入って肺炎を起こす- 高齢者はしばしばこれになって命を削ります)の防止になります


4)子供や孫に尊敬される
 学生時代にスポーツをやっていて、サッカーや野球、 今であればラグビーですかね。 こういうジャンルで活躍した人は、 子供や孫が小学生とかになったらコーチ的な立場になって尊敬されますね。 
 そういう華々しい過去のない人は他の地味な趣味だったり、 ゲームの腕前などで尊敬されるのもいいですが、 年頃になった娘さんなんかに「パパ、ギター弾けるんだ! 〇〇弾いて! 」なんて言われると何か最高じゃないですか? 
 うまく弾けないとやばいですけど・・・


5)近所の人に教えて、お小遣いが稼げる。
 これは、ほぼあてになりません。 有名アーチストのバックをやっていましたとか、 全然肩書になりませんし、ヤマハの講師になるのは大変ですし、 サイタのコーチは手取りが激安ですし。 音楽で食える人は一握りなのですねえ。


6)一生楽しめる趣味として貴重。
 バンド組んだりできると、同じ趣味の仲間でワイワイ楽しいです。 私は前に書いた高校生の時のバンド活動のほかに、 社会人になってからヘビメタのバンドに誘われてベースを任されました。 毎週末に集まってスタジオで練習するのですが、楽しかったなあ


というわけで、「ギターを始めると6つのいいことがある」 というお話でした。

ついにギターを買いに行く前に

  念願の新しいギターを買いに行くとなったら、ウキウキします。

  もう、楽器屋さんの前を何回もいったり来たりしたかもしれませんね。

  楽器屋さんはなかなか敷居が高いんです。


  さて、前にも書きましたが選ぶ基準はずばり価格です。

 

  ギターにはブランドバッグみたいにモノの価値以上の値段はついて いません。

良いものは高い、安いものはそれなり。 安くてもそこそこのものはあるけれども、 楽器としての価値はやはり低い。

 

  高くても、楽器というものは数十年(ほぼ一生使えます)。 痛んでもリペアで復活するのもよいところ( もともと安い楽器にリペアでお金をかける人はいませんけど)
運よく子供や孫が受け継いでくれれば、 親父のじいさんのビンテージギターです!


  楽器屋さんって昔に比べて少なくなりましたけど、 ご当地札幌では全国大手の島村楽器、 セブンスコードががんばってます。

 

  お店に買いに行けば試奏(試しに弾いて)させてくれて、 気に入ればお買い上げですが、 材質なんかでお店のお兄さんのお話がチンプンカンプンだと悲しい ので、基本的な事柄についてご説明しましょう。


  何といってもギターの性能と価格を左右するのは、 使われている木材の材料です。
  楽器メーカーのページに詳しいのですが、 私なりにまとめてみました。ざっと各部分について説明します。

 

1)表面:ギターの顔とも言える、いちばん表側の板です。

  これには主として白っぽい「スプルース」 という木材が使われています。日本語で言えば「松」ですが、 あんなザクザクした材質ではなくて細やかな木質です。


  ギターの表面材の定番で、 安いギターはこれが表裏張り合わせの合板。 中級以上の品だと一枚から切り出した「単板」(たんばん)です。
  サウンドホールというギター表面の穴の断面を見ると、 表面から裏まで木目が通っているのが単板です。


どちらがいいの?? そりゃあ単板のギターです。
まあ、心配しなくても、中級以上(6~7万円以上) のギターはスプルースの単板仕様です。

 

  お店のお兄さんが、「このギターはスプルースの単板だから・・・ 」と言ったら、そういう事を言ってるんです。


2)サイドとバック(裏側) 
  基本はローズウッド(日本語で言えば紫檀-したん)材。 またはマホガニー(日本名 白檀-びゃくだん)材。 いずれも貴重な木材で高級家具や楽器の材料となります。

 

  そのなかでも「ブラジリアン・ローズウッド」は別名「 ハラカンダ」とも呼ばれ、材料としては最高級というか、 伐採しすぎによる絶滅寸前で輸出禁止なので超希少価値。

 

  木目がきれいなので工芸品的な価値もあります。
  20年ほど前には10万円以下でも製品がありましたが、 今は新品で20万円で手に入らないと思います。

 

 2)次に「インディアン・ローズウッド」。 単にローズウッドと表記されている場合はこれ。 中級品以上はこれです。

  ちなみに私のモーリスM603は中級品で「ボリビアン・ ローズウッド」です。

 

3)ネック、指板。 ここらへんは特にこだわりはありません。 だいたいはサイドやバックの材質に合わせて決まるものです。

 

  そんな話を店員さんとしながら、試しに弾かせてもらって” 無理して高いのを買いましょう”

 

  間違っても、 必要なものが全部そろった初心者セット3万円パックのギターなん か買わないように!

このブログを見ながら、 まじめに練習すれば途中で挫折なんてありえませんから(笑)

ギターコード弾き語り。レッスンのキーじゃ合わないんだけど・・・とご不満の皆様へ。解決法です。

  皆さん、こんにちわ。いつもご覧いただきありがとうございます。

 

 いつも当レッスンでは、 曲を弾くときにコードを「G始まり」で演奏しますね。

 この「G」の音程(キー) でみなさんがいい感じで歌えていればいいいのですが、

人それぞれに自分の得意な音程があるので、 できればあわせたいですね。というか、合わせないと歌えません。

 高すぎても、低すぎてもダメです。

 

 カラオケで、「このキーだと少し高いな、3つ下げよう」 と思うときどうしますか?

リモコンの音程ボタンでダウンさせますよね。 カラオケのリモコンは半音ずつアップダウンできるようになってい ますので3つボタンを押します。

 

 「G」のままキーを上げたい場合、例えば2つ上げたい場合は、半音で2つ上げるのでカポを2フレットに取り付ければよいのです。 コードの形は「G」ですが2つ上がっているので音としては、G>G#>Aと上がって。「A」のコード音が鳴ります。
 
 同じように3つ上げたい場合は3フレットにカポです。
 
 反対に下げたい場合はどうすればいいでしょうか。カポは右方向にしか取り付けられないので上がるばっかりです。
 
 ここで音階の表に注目してみましょう。
 

f:id:acousticbomb:20191202170347j:plain

下の図はギター指板です。横の線は「5弦」を表しています。 ギターのフレットとフレットの間は「半音」です。 ピアノの隣同士の鍵盤も「半音」です。

 

 
 「C」から順番に上がっていって12個上がるとまた「C」に戻りますね。
 
 これが1オクターブ上(うえ)の「G」です。12フレットにカポをつけて「G」を押さえて弾くと1オクターブ上の「G」が鳴ります。
 
 実際に弾くと高い音がしますね。 でも「G」は「G」なので歌う場合はしたの「G」と同じように歌えます。
 
 よくカラオケで、サビが高すぎて、途中で下のキーで歌っちゃうことってありませんか。これと同じです。
 
 ということは、この12フレットの位置からカポを下げれば、キーは下げられるということになります。
 
 二つ下げる場合は10フレットに キーは G > F# >Fと下がって「F」になります。
 
 同じく3つ下げると、9フレットにカポで キーは G>F#>F>E 「E」になります。
 
 めでたしめでたしといいたいところですが、実際はギターのフレットで6フレットより上にカポをつけると問題があります。
 
1)ギターのネックは根元にいくほど分厚くなっているので、カポの種類によて取り付けが困難になります。
2)音が高くなりますので、響(ひびき)といった面ではウクレレみたいになってきます。
3)フレットとフレットの間が狭くなってくつので、指が窮屈になって弾きにくくなってしまいます。
4)カポを高い位置につけると、かっこ悪い。
 
 といった理由で9フレットにカポで3つ下げる・・・というのは現実的ではなくなってしまいます。
  
 「G」で始まるユニット(Gのキーともいいます) をほかのキーのコードで弾いたらどうなるでしょうか? もちろん「G」始まりのユニットで使うコードも出てきますが役割が違ってきます。 新しいコードも登場します。

 

 例として「#」(シャープ)や「♭」(フラット)のつかない切りのいいキーで比べてみましょう。

 

 上と下のコードが対応しています。

Gで始まるユニット  G  Am  Bm   C  D7  Em
Cで始まるユニット  C  Dm  Em   F  G7  Am 
Dで始まるユニット  D  Em  F#m  G  A7  Bm

 

 どうですか? 「F」とか「F# m」とかの少し押さえにくいコードが混じりますね。 でも臆せずにいきましょう。

 

 Cで始まるユニットの音程はGより高いでしょうか? 低いでしょうか?表を見ると、CはGのだいぶ左側。 半音で7つも低いことになります。

 

 同じようにDで始まるユニットはGから数えて半音で5つ低いです

 

       -3つ低くしたいだけなんですがー

では、こうしましょう

 最初から「G」より7つ下がっている「C」を、 カポを使って4つ上げたらどうなるでしょう?
 7-4=3 めでたく3つ下がりますね。 で4フレットにカポをつけましょう。

 

 最初から「G」より5つ下がっている「D」は、5-3=2

 2つ上げて2フレットにカポ。

 

 どうです? 分かりにくかったでしょうか??

 

<結論>

 比較的弾きやすい「C」と「D」のキーで弾いてみましょうか。

 どうですか? あなたのキーに合いますか?

 

 いまひとつ合わない人も、「C」か「D」のどちらかを基本に、カポを使って調整したらちょうどいい音程になっ たでしょうか。

 

 どちらかがフィットしましたら、 今後は基本そのキーで今後練習しましょう。


(ということは、 当レッスンも今後は3つのコードユニットに対応しないといけない ですね)(汗)