ギターコード初心者のための弾き語り動画レッスン

ギター講師をしています。アコースティックギターとは、電気で鳴らさない生音のギターです。分かりやすいレッスンを発信します。

ギターは歳をとってからでも始められますか

ギターは歳をとってからでも始められるでしょうか?

 年齢を重ねて、今や現役のときに比べて時間がたっぷりあるとしたら、新しく習い事を始めるのはたいへん良いですね。

 ギター演奏というのは、アナログ的な「慣れ」の世界です。脳と手(指)の筋肉と耳、目の調和です。

 下半身は使いませんから、歩いたり走ったりという運動は不要なので体力的なハンディーは限りなくゼロです。

 認知症の予防になりますし、一緒に歌も歌うなら誤嚥性肺炎(飲み込んだモノが間違って気管に入って肺炎を起こす)の予防になります(あごの筋肉が強化されるので)。
 家族や奥さん旦那さんと始めるならさらに楽しいでしょう。


ギターを購入する場合
 お金に余裕のある方も、そうでない方もおられるでしょう。 自分の身の丈にあった金額のギターを買いましょう。

 楽器はなるべく高いものが良いですが、


 練習のお勧めはギターを弾いて、それを伴奏にして歌う「弾き語り」です。まずはギターに慣れることが大事。それも楽しくないと一定のレベルになるまでに挫折してしまいます。

 年配の方は何しろ、「かんたんにはあきらめない世代」ですから、あまり心配はしませんが。


 コードという和音を左手で押さえる。右手で上から下へジャラーンと鳴らすと和音が鳴る。

 これがコード弾きと呼ばれる基礎の基礎です。

 

 脳を中心として-左手-右手-耳-目 がうまくバランスしていくことによって、最初はぎこちなかった動きがスムーズになり、不協和音だった和音がきれいに鳴るようになってきます。


さて、
 何かを学んだり、習得するのに歩む方法は以下の2通りです。

1)だれかに習う。入門する。
音楽教室で教えてもらう
  近くに「ヤマハ音楽教室」とか「島村楽器」などのギター教室があったら受講する。ただし集合レッスンは、少し安いのですが
 遅れてしまってもどんどん進んでしまうので、理解が追い付かないと嫌になってしまいます。
 体験で参加してみることが出来る教室が多いので受けてみるのをお勧めします。

  
・個人レッスン専門のサービスで受講する。
  「サイタ」という個人レッスンを紹介してくれるサービスがあります。自宅の近所の音楽スタジオやカラオケ屋さんが指定のレッスン場所です。
  先生とお互いの都合で日時を決めることができるので結構便利だと思います。インターネットで探してみましょう。
  レッスン料は1回1時間で4,000円くらいです。こちらも無料体験ができます。


2)本やネットで勉強する。

 ここでいう本は俗にいう「教則本」です。一般的には低コストなので、この方法で練習する人が多いと思います。ネットの時代でも本というのもばかにできません、体系的になっているので理解がしやすいです。
 ただ、いざ弾くとなると勝手が違います。実際に見ないと判らないところが出てきます。DVD付の教則本もありますから利用しましょう。ネットでおせっかいにも動画で弾き方を教えている方(私とか・・・)もおられるので、こちらも利用しましょう。

 

 よく、どんな風に練習したらいいかわからない・・・と言う人が多いのですが。
 独学するなら、やはり教則本を手にしましょう。練習すべきことが手順を追って書かれていますので少なくともこの疑問は解決します。

 ただ、教則本は何しろつまらないですから、

 自分の弾きたい曲を練習する、に限ります。 ネットで弾きたい曲を検索すると数は少ないでしょうが個人のかたが弾き方の動画をアップしているので、練習させてもらいましょう。

 人生100年の時代に突入しています。ギターはいつまでもシャキッとして長生きする為に一役かうと思います。


足腰の運動も忘れずに!!

 

 

ギターのストロークでねらった弦が弾けないという悩みについて

ギターのストロークねらった弦が弾けない というお悩みがありませんか?

 

右手のコードストロークの話です。

 

   コードストロークとは、 6本ある弦を上から下までジャラーンと右手で弾くことです。

   場合によっては、 6本の弦の上側とか下側を意識的に弾くこともあります( そういうの、結構あります)

   その時の話です。


   狙った弦にピックが当たらないってことがありませんか?

   あなたが、もう初心者を脱して中級以上の方なら

「ああ、そういう時代もあったなー」でしょう。


   右手にピックを持ってますか? 私的にはピックを使うのはまだまだ先でいいと思いますが・・・

   まあ、いいでしょう。


   まず、上から下へジャラーンと弾く( ダウンストロークといいます)場合ですが

   いちばん上の6弦に「深く」あたると、 引っかかって下の弦に行きにくいです。

 

   かといって、遠慮がちに振り下ろすと空振りするか「浅く」 しか当たりません。

   ちょうどいいくらいに当てるのが難しいんですね。


   下らか上への(アップストロークといいます)はどうでしょうか。
   これは手の構造上、 下の弦にひっかかってさらに上に行きにくいんです。

   これは、ダウンストロークのように腕をふっちゃだめなんです。

   手首を使うんです。 手のひらが上になるくらいスナップをかけてひっかけて弾きあげま す。


結論から言いましょう。

 

慣れちゃえばかんたんです。

 

  そうなんです、 慣れちゃえば空振りやピックを深く刺しちゃうほうが難しいんです 。


例を申しますと

  私、中学生のときに卓球部だったんですけど、

  練習といえば、ひたすら素振りをするんです。

   多分テニスとか野球でも同じですよね。 特に卓球はボールが小さいので当てるのが難しいんです。

   温泉卓球みたいな、ポーンポーンじゃないですよ。 ばしっぱしっのラリーですから。

 

   ああいうのはほぼ玉を見ていません。

   見てたら遅れるので、 相手の腕の振りに合わせて自動的にこちらも腕を振っているんです 。

   上級者の返球はだいたい同じ高さで返球されてくるので、 見なくてもジャストミートするんですね。


まあ、卓球の話はさておき。

   慣れてくると、 見なくてもちゃんと当たるという事を言いたいわけです。

   アコースティックギターのような超アナログな楽器は、 練習による慣れしかないんです。


   じゃあ、どんあ練習をすればいいの?

 

   私はひたすらギターをかき鳴らしました。   

   中学校のときに公園でジャカジャカやってると、 きれいなお姉さんがギターを抱えてやってきてお友達になりました 。

   余談でした。


   スラムダンク桜木花道安西先生にシュート練習を2 万本やれと言われて

「2万本で足りるのか?」といいました。 (確かそんなセリフだったような)

 

   私も言いましょう。

 

   ストローク練習を、これから100時間やれと

   1日1時間ならたった100日です。 これだけかき鳴らせば、 そこらのバンドのギタリストより上手くなります。


いやだって? 面倒だなって?

「あきらめたら、そこで試合終了ですよ」

これもスラムダンク安西先生名言でした。


 

ギターコード弾き語り サザンオールスターズ「彩」2級その2

前回に続いて、サザンオールスターズ「彩」の2級 2回目のレッスンです。

 

今回は「サビ」部分を説明します。

 

夢の中に僕を連れてって・・・ 桑田さんの曲のサビは天下一品です。 

 

注意点

1)今回はカポを使わず、ナチュラルな「G」から始めています。 なので、かなり高音部は私の声がキツくなっています。 お許しください。

 高音が苦しい方は、5フレットにカポを付けて「G」で演奏してみてください。「C」になり、半音で7つ下がりますのでラクかと思います。

 

2)途中「Bm」 > 「A#m」 > 「Am」と1フレットずつ下がっていくコード進行が入っていますが、これは次回の「通し演奏」の中で取り入れます。